METAVERSE
とは何か?

METAVERSE(メタバースは、ビジネス・金融・エンタメ・教育の現場まで、私たちの日常を一新させる力を持った非常にパワフルな存在です。
 

ABOUT

Meta(旧Facebook)、Microsoftなどの各社がメタバースの開発を進めており、世界中で仮想共有空間の整備が進められています。
 
METAVERS(メタバース)とは、三次元の仮想空間やそのサービスのことを指しますが、完全な仮想空間だけでなく【仮想+現実】の複合現実も総じて、METAVERSEと呼ぶことがあります。
 

メタバース【metaverse】
《meta(超越した)とuniverse(世界)の合成語》インターネット上に構築される仮想の三次元空間。利用者はアバターとよばれる分身を操作して空間内を移動し、他の参加者と交流する

 
METAVERSEといえば、Meta(旧Facebook)のサービスが広く知られていますが、Metaのマークザッカーバーグの描く未来は、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットを装着し、3D仮想空間に作られたバーチャルルームで非現実的な体験をする「スノークラッシュ」のような世界観だといいます。
 
例えば、METAVERSE上のバーチャルルームで遠くの友人に会ったり、海外に旅行して遊びに行ったり、ライブコンサートに参加するなど。
 
バーチャルな世界では親密な関係を築きながらも、現実ではお互いの家にいるので安全という体験味わうことができるのです。

ザッカーバーグ氏は、アバターでバーチャルルームに入り、バーチャルルームを作ることができる「Horizon Worlds」を発表しています。
 

また、遠隔地にいる同僚とチャットできるバーチャル会議室「Horizon Workrooms」もアピールしました。
 
このほか、仮想と現実の融合した「複合現実」についても開発が進んでおり、2022年後半には複合現実専用のヘッドセットが発売される予定です。
 

BGMはMeta社のOFFICIAL BusinessPartner『pimclick』の日本支社です。
 
pimclickはこれまでにもコカコーラ社やNIKEをはじめ世界の大手企業のPRやWEBマーケティングを牽引しています。
 

pimclickは非常に早い段階から、Meta社のOfficial Business Partnerとして、最新のMETAVERSE技術を使ったプロジェクトや企業のPRやマーケティングを行っており大きな成功をおさめています。
 
過去にもメタバース的な仮想空間は存在しましたが、これから展開するMETAVERSEの仮想空間は、世界的規模でインフラの整備が進められています。
 

METAVERSEとは?
3次元の仮想空間やサービスの総称。バーチャル空間の一種で、企業および2021年以降に参入した商業空間をそう呼んでいる。

 

 

METAVERSEの何がスゴいの?

現在、当たり前のようにインターネットが普及し、人々はPCやスマートフォンを介してコミュニケーションを行っていますが、メタバースはそのインターネットの世界に「入ることができる」仮想空間が存在するのです。
 
Meta社のマークザッカーバーグが「メタバースは身体化されたインターネット」と呼んでいる通り、私たちは自分自身のアバターを創り出し、アバターと共にインターネットの世界に実際に入って生活することができます。
 
仮想空間では、まるでリアル世界のように店舗で買い物をしたり、仲間と交流をしたり、仕事やお金を稼ぐなどメタバース上の世界で生活をすることができます。
 
日本では2022年に入ってメタバース関連のニュースを多く目にするようになりましたが、海外では既に各企業がメタバース上の土地を購入し、ショールーム、店舗やショッピングモール、コンサートホール等建設しています。
 

大きなビジネスチャンスが存在するMETAVERSEの世界

2022年以降、ビジネス(企業活動・流通・販売)やエンタメ、教育などの分野で世界中の企業や教育機関がメタバースを使った新たな取り組みをスタートしており、内閣府もメタバースによる新たなライフスタイルの提案をはじめるようになりました。
 
外出自粛などを経験した私たちは、ショップやレストランなどの実店舗、リアルに人々と交流することの「楽しさや喜び」を再確認したのでは無いでしょうか。
 
こうした楽しさや喜び、ワクワクした体験を自宅にいながらリアルに体験できるのが、メタバースの世界なのです。
 
2021年にはさまざまな企業が、デジタルアイテムを身に纏ったファッションモデルによるショーやアパレルの展示会、コンサートやショールームなどのイベントを開催しました。
 
また仮想空間での会議や教育の機会、仮想空間ならではの体験型マーケティングの実施など、各社がさまざまなアイデアに挑戦し実験を繰り返しています。

ここでは、どのような企業が実際にMETAVERSEを活用しているのか、業界別の例をご紹介します。

 
アバターモデルによる展示海外のアパレルブランドはすでにMETAVERSEの可能性に熱狂しており、METAVERSE上で彼らのブランドやアイテムを展開しています。

 

 

アバターモデルを使用した成功例

METAVERSEと最も親和性が高いのが、インフルエンサーマーケティングです。METAVERSE上でコミュニティを構築し、顧客を惹きつけるためには、METAVERSE上での展開が今後は不可欠になるでしょう。

例えば、YooxのDaisyやParadaは、LAのBrudが作ったバーチャルインフルエンサー、Lil Miquelaとコラボしています。これらのブランドは、メタコミュニティやMETAVERSE内で商品を展示するためにアバターモデルを使用しています。

 
デジタル3Dショールームナイキは、ゲーム「Roblox」を活用し、彼らと提携して「Nikeland」と呼ばれるバーチャル空間を構築しました。

このプロジェクトは基本的にRobloxというビデオゲームプラットフォームの世界でナイキの建物やフィールド、アリーナ、スポーツ会場の中でアバター同士が交流できるようになっています。
またスポーツのミニゲームで互いに競い合うこともできます。
 

このバーチャルワールドの最大の特徴は、アバターがナイキのアパレルでドレスアップしたり、最新のナイキ製品を見ることができることです。
 

インタラクティブなライブイベント

ライブイベントは、基本的にライブショーやゲームアクティビティで構成されており、人々が互いにつながりエンゲージメントを高めることを可能にします。
 
GUCCIでは「The Gucci Garden」という優れたインタラクティブなライブイベントを展開しました。
 

これは、2週間のバーチャルコレクションで、ユーザーはメタバースで展示される限定グッチアイテムをコレクションすることができ話題となりました。
 

 

国内だけでなく、海外の顧客も取り込める

ここ数年、海外からの観光客が来日できない状態が続いていましたが、METAVERSEであれば、北イタリアの田舎町からでも、アイスランドの無人島からでも、METAVERSEにさえ繋がれば世界中どこからでも、仮想空間上のショップやショールームに海外のお客様を迎えることができます。
 
つまり、METAVERSEによって国内外の新規開拓、販路拡大、ビジネスチャンスを掴むことができるのです。
 
METAVERSEは、インターネット上のコンテンツでは実現できなかった、没入感の高いリアルな体験によって、顧客を感動させる価値あるコンテンツとサービスを提供することができます。
 

METAVERSEで、日本にいながら海外留学も可能に!

そしてMETAVERSEは、教育の機会も広げてくれています。
 
最近では、カリフォルニア州の名門大学「ミネルバ」のように、オンラインで事業を行う教育機関も増えており、今後はMETAVERSEを活用した世界規模の大学や専門機関が増えることが予測されています。
 
日本にいながら海外の学校に留学できる、海外の研究機関とMETAVERSE上で実験や研究が行えるというのも、すでに世界中で実現しつつあるのです。
 


 

METAVERSEを体験しよう!

Meta(旧Facebook)はVRワールド「Horizon Worlds」を発表し「メタバースは次世代コミュニケーションの基盤となる」ことを宣言。
 
実際に2022年初頭よりMetaブランドの開発や商品の販売が急ピッチで進められており、2022年5月にはMeta初の実店舗「Meta Store」がカリフォルニア州バーリンゲームにオープンしています。
 

出典元:Meta社公式サイト

 

【重要】コンテンツ制作で注意したいポイント!

METAVERSEのコンテンツ制作には「質」が重要になります。
 
今後、個人でも簡単にMETAVERSE上のアイテムやコンテンツ制作ができるプラットフォームが次々に登場しますが、 こうしたサービスが抱えているのが「クオリティの問題」です…。

METAVERSEの世界は急拡大していますが、 企業ブランディングにとって重要なのが「品質の担保」ではないでしょうか。
 
 
企業や個人のブランディングにおすすめしたいのが、世界トップクラスの品質を誇り、 世界格好のデジタルシーンを牽引するクリエイティブ集団pimclick(ピムクリック)のサービスです。
 
pimclickは世界的企業の広告制作(CM等も含む)、WEBマーケティング、アプリ制作、金融機関のバンクシステムをはじめ、国際機関や政府のWEBサイト制作などを展開する、フルスタックのデジタルエージェンシーです。
 

 

METAVERSE業界のTOPを走るpimclick

Horizon Worlds(Meta社・旧Facebook社)のコンテンツ制作もpimclickにお任せください。pimclickはMeta社のOfficial Business Partnerです。
 

スタッフの全員がMeta Blueprintの認定を受けており、METAVERSEのエキスパートがあなたの「創りたい」を最新の技術とpimlickのクリエイター達がMETAVERSEやインターネット上にサービスや製品を構築いたします。
 

 
pimclickはこれまでに世界の名だたる有名企業や政府キャンペーン等のコンテンツ制作も数多く手掛けてきました。
 
pimclickのクライアント

Pimlegal  /  Google  /  Nike  /  Coca Cola  /  French Embassy  /  Morgan  /  JC Mart  /  CHANEL  /  Sutharos  /  Mirek  /  Dubai Parks  /  Eau de Spa /  Samsung Life /  Parexgroup  / Diesel  /  Unither  /  Australian Embassy  /  Pimhoster  /  Guide Thai  / BMW  /  Desialis  /  Goethe Institut  /  Singha /  Perrier  /  Mynk  /  Vip Care  /  SCG  /  Aeon App  /  Jaspal  /  Fluocaril  /  Tao Kae Noi 他多数

 
METAVERSEやHorizon Worldsの制作、その他インタラクティブメディアやコンテンツ制作の各種ご相談・ご依頼は、pimclick JAPANまでお気軽にお申し付けください。
 

 

Meta(旧Facebook)、Microsoftなどの各社がメタバースの開発を進めており、世界中で仮想共有空間の整備が進められています。
 
BGMはMeta社のOFFICIAL BusinessPartner『pimclick』の日本支社です。
 
pimclickはこれまでにもコカコーラ社やNIKEをはじめ世界の大手企業のPRやWEBマーケティングを牽引しています。
 
pimclickは非常に早い段階から、Meta社のOfficial Business Partnerとして、最新のMETAVERSE技術を使ったプロジェクトや企業のPRやマーケティングを行っており大きな成功をおさめています。
 
過去にもメタバース的な仮想空間は存在しましたが、これから展開するMETAVERSEの仮想空間は、世界的規模でインフラの整備が進められています。
 

METAVERSEとは?
3次元の仮想空間やサービスの総称。バーチャル空間の一種で、企業および2021年以降に参入した商業空間をそう呼んでいる。

 

 

METAVERSEの何がスゴいの?

 
現在、当たり前のようにインターネットが普及し、人々はPCやスマートフォンを介してコミュニケーションを行っていますが、メタバースはそのインターネットの世界に「入ることができる」仮想空間が存在するのです。
 
Meta社のマークザッカーバーグが「メタバースは身体化されたインターネット」と呼んでいる通り、私たちは自分自身のアバターを創り出し、アバターと共にインターネットの世界に実際に入って生活することができます。
 
仮想空間では、まるでリアル世界のように店舗で買い物をしたり、仲間と交流をしたり、仕事やお金を稼ぐなどメタバース上の世界で生活をすることができます。
 
日本では2022年に入ってメタバース関連のニュースを多く目にするようになりましたが、海外では既に各企業がメタバース上の土地を購入し、ショールーム、店舗やショッピングモール、コンサートホール等建設しています。
 

大きなビジネスチャンスが存在するMETAVERSEの世界

 
2022年以降、ビジネス(企業活動・流通・販売)やエンタメ、教育などの分野で世界中の企業や教育機関がメタバースを使った新たな取り組みをスタートしており、内閣府もメタバースによる新たなライフスタイルの提案をはじめるようになりました。
 
外出自粛などを経験した私たちは、ショップやレストランなどの実店舗、リアルに人々と交流することの「楽しさや喜び」を再確認したのでは無いでしょうか。
 
こうした楽しさや喜び、ワクワクした体験を自宅にいながらリアルに体験できるのが、メタバースの世界なのです。
 

 
2021年にはさまざまな企業が、デジタルアイテムを身に纏ったファッションモデルによるショーやアパレルの展示会、コンサートやショールームなどのイベントを開催しました。
 
また仮想空間での会議や教育の機会、仮想空間ならではの体験型マーケティングの実施など、各社がさまざまなアイデアをに挑戦し実験を繰り返しています。

ここでは、どのような企業が実際にMETAVERSEを活用しているのか、業界別の例をご紹介します。

 

アバターモデルを使用した成功例

 
アバターモデルによる展示海外のアパレルブランドはすでにMETAVERSEの可能性に熱狂しており、METAVERSE上で彼らのブランドやアイテムを展開しています。
 
METAVERSEと最も親和性が高いのが、インフルエンサーマーケティングです。METAVERSE上でコミュニティを構築し、顧客を惹きつけるためには、METAVERSE上での展開が今後は不可欠になるでしょう。
 


例えば、YooxのDaisyやParadaは、LAのBrudが作ったバーチャルインフルエンサー、Lil Miquelaとコラボしています。これらのブランドは、メタコミュニティやMETAVERSE内で商品を展示するためにアバターモデルを使用しています。

 
デジタル3Dショールームナイキは、ゲーム「Roblox」を活用し、彼らと提携して「Nikeland」と呼ばれるバーチャル空間を構築しました。

このプロジェクトは基本的にRobloxというビデオゲームプラットフォームの世界でナイキの建物やフィールド、アリーナ、スポーツ会場の中でアバター同士が交流できるようになっています。
またスポーツのミニゲームで互いに競い合うこともできます。
 
このバーチャルワールドの最大の特徴は、アバターがナイキのアパレルでドレスアップしたり、最新のナイキ製品を見ることができることです。
 

インタラクティブなライブイベント

ライブイベントは、基本的にライブショーやゲームアクティビティで構成されており、人々が互いにつながりエンゲージメントを高めることを可能にします。
 
GUCCIでは「The Gucci Garden」という優れたインタラクティブなライブイベントを展開しました。
 
これは、2週間のバーチャルコレクションで、ユーザーはメタバースで展示される限定グッチアイテムをコレクションすることができ話題となりました。
 

国内だけでなく、海外の顧客も取り込める

ここ数年、海外からの観光客が来日できない状態が続いていましたが、METAVERSEであれば、北イタリアの田舎町からでも、アイスランドの無人島からでも、METAVERSEにさえ繋がれば世界中どこからでも、仮想空間上のショップやショールームに海外のお客様を迎えることができます。
 
つまり、METAVERSEによって国内外の新規開拓、販路拡大、ビジネスチャンスを掴むことができるのです。
 
METAVERSEは、インターネット上のコンテンツでは実現できなかった、没入感の高いリアルな体験によって、顧客を感動させる価値あるコンテンツとサービスを提供することができます。
 

METAVERSEで、日本にいながら海外留学も可能に!

そしてMETAVERSEは、教育の機会も広げてくれています。
 
最近では、カリフォルニア州の名門大学「ミネルバ」のように、オンラインで事業を行う教育機関も増えており、今後はMETAVERSEを活用した世界規模の大学や専門機関が増えることが予測されています。
 
日本にいながら海外の学校に留学できる、海外の研究機関とMETAVERSE上で実験や研究が行えるというのも、すでに世界中で実現しつつあるのです。
 

METAVERSEを体験しよう!

Meta(旧Facebook)はVRワールド「Horizon Worlds」を発表し「メタバースは次世代コミュニケーションの基盤となる」ことを宣言。
 
実際に2022年初頭よりMetaブランドの開発や商品の販売が急ピッチで進められており、2022年5月にはMeta初の実店舗「Meta Store」がカリフォルニア州バーリンゲームにオープンしています。
 

出典元:Meta社公式サイト

 

【重要】コンテンツ制作で注意したいポイント!

METAVERSEのコンテンツ制作には「質」が重要になります。
 
今後、個人でも簡単にMETAVERSE上のアイテムやコンテンツ制作ができるプラットフォームが次々に登場しますが、 こうしたサービスが抱えているのが「クオリティの問題」です…。

METAVERSEの世界は急拡大していますが、 企業ブランディングにとって重要なのが「品質の担保」ではないでしょうか。
 
 
企業や個人のブランディングにおすすめしたいのが、世界トップクラスの品質を誇り、 世界格好のデジタルシーンを牽引するクリエイティブ集団pimclick(ピムクリック)のサービスです。
 
pimclickは世界的企業の広告制作(CM等も含む)、WEBマーケティング、アプリ制作、金融機関のバンクシステムをはじめ、国際機関や政府のWEBサイト制作などを展開する、フルスタックのデジタルエージェンシーです。

 

METAVERSE業界のTOPを走るpimclick

Horizon Worlds(Meta社・旧Facebook社)のコンテンツ制作もpimclickにお任せください。pimclickはMeta社のOfficial Business Partnerです。
 

スタッフの全員がMeta Blueprintの認定を受けており、METAVERSEのエキスパートがあなたの「創りたい」を最新の技術とpimlickのクリエイター達がMETAVERSEやインターネット上にサービスや製品を構築いたします。
 

 
pimclickはこれまでに世界の名だたる有名企業や政府キャンペーン等のコンテンツ制作も数多く手掛けてきました。
 
pimclickのクライアント

Pimlegal  /  Google  /  Nike  /  Coca Cola  /  French Embassy  /  Morgan  /  JC Mart  /  CHANEL  /  Sutharos  /  Mirek  /  Dubai Parks  /  Eau de Spa /  Samsung Life /  Parexgroup  / Diesel  /  Unither  /  Australian Embassy  /  Pimhoster  /  Guide Thai  / BMW  /  Desialis  /  Goethe Institut  /  Singha /  Perrier  /  Mynk  /  Vip Care  /  SCG  /  Aeon App  /  Jaspal  /  Fluocaril  /  Tao Kae Noi 他多数

 
METAVERSEやHorizon Worldsの制作、その他インタラクティブメディアやコンテンツ制作の各種ご相談・ご依頼は、pimclick JAPANまでお気軽にお申し付けください。